ヒアルロン酸を増やすサプリメントがシワの改善に効果があるって本当?

年々肌の潤いが減少してシワが目立つようになると歳をとったなあと感じますが、シワが深く刻まれる前にお手入れをするとシワの改善につながるんだそうです。

 

私の場合ですが30代半ばを過ぎた頃から肌の乾燥が激しくなって、今まで使ってきた化粧水や乳液では物足りなさを覚えるようになりました。最初は肌荒れかな?と思ったのですが、化粧水を何度も重ね付けしても乾いてしまいました。

 

ヒアルロン酸,増やす,サプリメント

 

化粧水をつけしばらくすると目や口の周りの皮膚が突っ張るので、今の化粧品では乾燥が改善しないと判断して少しづつエイジングケア化粧品に変えていきました。その時変えていった化粧品はTOPぺーじで紹介していますが、その時に感じたのは年齢による肌の乾燥は放置しない方が良いという事です。

 

乾燥がシミやシワ、毛穴の開きなどを促す要因になってしまうことも考えられるからです。そこで減ってしまった潤い成分を増やすためのお手入れ法について調べてみました。

 

ヒアルロン酸がもたらす肌への効果

潤い成分を増やすには年齢を重ねると減ってしまうコラーゲンやヒアルロン酸をどのようにしたら増やせるのか?という点に着目してみました。一般的にコラーゲンを摂取する美容法は良く知られていますよね?

 

コラーゲン配合化粧品や飲むコラーゲン、コラーゲンをパウダー化したものを飲む方法など。でも効果を実感することが出来るのか?というとあまり効果を感じなかったと言う方もおられるのではないでしょうか?

 

ヒアルロン酸,増やす,サプリメント

 

私もコラーゲンをいくつかの種類飲んでみたことがありますが、効果を感じたものとそうでないものがありました。コラーゲンは体内に入るとアミノ酸に分解されて再びコラーゲンになるそうですが、すべてが吸収されるわけではないからなんだそうです。

 

そこでコラーゲンで効果を感じなかったとしたら他にどんな方法があるのか調べてみると、ヒアルロン酸にたどり着きました。

 

ヒアルロン酸もコラーゲンと同様に肌の潤いをもたらしている成分です。保水力に優れているため肌の細胞内でコラーゲンと弾力をもたらすエラスチンの間を埋めて潤いを保っているのだとか。

 

そんなヒアルロン酸も年齢を重ねると減ってしまうと言われています。

 

ヒアルロン酸を増やすには?

減ってしまうヒアルロン酸を増やすには、

  1. ヒアルロン酸配合化粧品を使う
  2. ヒアルロン注入(注射)を行う
  3. ヒアルロン酸が含まれる食べ物を摂る
  4. ヒアルロン酸サプリメントを飲む

などの方法があります。

 

詳しく見ていきたいと思います。

 

1.ヒアルロン酸配合化粧品

ヒアルロン酸配合と表記されている化粧品は探してみると案外種類が豊富です。コスパに優れたものから高価なブランド化粧品にいたるまで化粧水に配合されていいるものが多いそうです。

 

化粧水をつけた瞬間に肌にヒアルロン酸の保水力が行き渡り瞬時に潤うものや、アミノ酸などの成分と一緒に配合されていることで相乗効果のあるものまでさまざまです。

 

2.ヒアルロン注入

ヒアルロン酸を手っ取り早く体内に取り込むなら、美容外科などで行われるヒアルロン注入があります。注入した後すぐに肌をふっくらとさせるためシワの改善や若返りのために行う美容法として人気があるそうです。

 

ただ一度注入したヒアルロン酸の効果は永久的ではないため、定期的に注入する必要があるそうです。

 

ヒアルロン酸,増やす,サプリメント

 

3.ヒアルロン酸を含む食べ物

鶏の軟骨や手羽、ふかひれや納豆などのねばねば食材にヒアルロン酸が含まれていると言われています。種類としてはそれほど多くないため、コラーゲンを含む食材と似ていることもあり毎日それを摂り続けるのは難しいと感じる方もいるかもしれません。

 

4.ヒアルロン酸サプリメント

ヒアルロン酸を増やすために毎日確実に摂れる方法としてヒアルロン酸配合のサプリメントがあります。コラーゲンと並んでヒアルロン酸含むサプリメントも種類は多いため、吸収率が良く効果が感じられるものを厳選する必要がありそうです。

 

ヒアルロン酸を増やすサプリメント

アミノ酸を増やすサプリメントにはヒアルロン酸飲みが含まれているものや、他の美容成分と配合されているものがあります。ヒアルロン酸が体内に吸収されるためには、吸収性を良くするために低分子化されたものもありますが気になるのは、体内でヒアルロン酸を作り出す働気を助けるサプリメントです。

 

ヒアルロン酸を体内で増やすことを促すサプリメントなんだそうです。私が実際に飲んでみた感想や効果などについてこれから書いていきたいと思います。