首のシワが目立つと老けて見える?首のシワが簡単な自宅で行うスキンケアで消える

顔のお手入れは洗顔から基礎化粧品に至るまでベストなものを揃えてお手入れをしていると言う方が多いのではないでしょうか。

 

実際に私も真っ先に気になったシワと言えば目尻やほうれい線でした。なので顔のシワを消すためにお手入れをする日々だったのですが、同世代の知人を見た時に感じた顔と首元の違和感が原因で首元のお手入れもするようになりました。

 

首のシワ,消したい

 

その知人の顔はシミもシワも目立たず綺麗なのですが、首元を見ると顔の肌よりもキメが粗くシワも数本入っていました。年齢は首と手に出ると聞いたことがあったのですが、まさにその通りといった感じでした。

 

顔はメイクもするのでお手入れしやすいのですが、首元は忘れがちですよね。

 

そこで自分の首元もチェックしてみると・・・やはりシワが入っていました。このままでは数年後の状態が恐ろしいことになりそうだと思い首のシワを消すためのお手入れ法について調べ始めました。

 

首のシワは老け印象の原因

首にシワが出来ているとくっきりと線になってしまうことが多く、顔にシワがなくてもぱっと見の印象は老けているイメージが付きやすいものです。

 

首の皮膚は顔の皮膚よりも薄いと言われているため、紫外線ダメージも受けやすく乾燥しがちなんだそうです。するとたるみやシワが出来やすくなると言われています。

 

男性の目から見ても口元や首元は女性の美を感じる部分と言われているそうで、この部分に潤いがないと疲れている、老けているといった印象になりやすいようです。

 

首のシワは自宅で出来るスキンケアで改善できる

美容に詳しい人に聞いてみたところ、首のシワを手で伸ばしてみて消える場合は毎日のお手入れ次第でシワを消す事も可能なんだそうです。

 

やはり顔は念入りにお手入れしているのに首はしていないという方が多いみたいです。ストールを巻いたり日焼け止めを塗ったりと首元の紫外線対策は行ってても、その後のスキンケアまで行き届いていない場合が多いので、まずは顔につけている化粧水の残りを首元まで伸ばしてみると良いそうです。

 

顔の保湿をするのと同じように首元も保湿をしてあげるとシワやたるみの予防につながるんだとか。

 

首のシワ,消したい

 

ボディー用保湿クリームをお風呂上りに塗る際に、首もとへ塗る場合は少しマッサージを取り入れてみます。

 

  1. 首の中央の下から上へ押し上げて、次に両手で中央からそれぞれ左右後ろへマッサージしていきます。
  2. 鎖骨部分のデコルテはリンパがあるので、中央からそれぞれ左右にリンパを流すイメージでマッサージします。

 

この時強い力は必要なくて、優しく肌を滑らせるイメージで行います。強い力は摩擦になってシミの原因になる可能性があるからです。

 

またボディー用クリームを使わなくても、顔に使っている保湿クリームを首元まで伸ばしてお手入れする事もできます。顔から首元へクリームを伸ばして行うケアは実際にやってみて贅沢なお手入れに感じましたが、マッサージ効果もあるので首回りがすっきりします。

 

首回りのお手入れにもおすすめの化粧品はトップページからご覧いただけます

 

そして首への負担がかかる動作は軽減してあげます。

  • 枕の高さ
  • デスクワークやスマホを見る際の姿勢

 

枕が高いと首にシワがよった状態で一夜を過ごすことになるため、高すぎる枕を使っている場合は高さを調整したり、PC作業やスマホを見る際に首にシワがよっている場合は上向きに姿勢を良くしてみるようにするだけでも首のシワの予防につながるんだそうです。

 

おろそかになりがちな首のシワのお手入れは、行ってみると爽快感も得られますし首元の開いたトップスや水着を着た時に不安にならずに自信に繋がります。首回りのケアはやっておいて良かったと思えるケアだと思います。