表情シワの一つでもある「おでこのシワ」ですが、眉間のシワと同様に、こんな印象になりがちです。

 

  • 老けて見える
  • 機嫌が悪そうに見える
  • 怒っているように見える

 

あまり良い印象が抱かれないのがおでこのシワです。
ある程度年齢を重ねれば誰にでも出来るシワですが、お手入れ次第で改善することも出来ます。

 

 

おでこのシワが出来た理由

 

笑った時にしわが寄る場所に筋の様に線が入ってしまう「ほうれい線」と同じように、眉毛を上げる癖のある方や目を大きく開ける癖のある方の場合、癖や表情筋の衰えなどからシワが出来易くなります。

 

頭皮の垂れ下りが肌の老化も関係しています。

 

40代以降に多く、肌のコラーゲンの減少によって肌が乾燥してしまう事と、おでこの筋肉(前頭筋、側頭筋)の衰えからシワが深く刻まれてしまう場合もあります。

 

おでこのシワは消える?

 

シワが深く刻真れてしまう前に肌の状態を確認してみましょう。
潤い成分であるコラーゲンが30代を過ぎると徐々に減少していき、シミやシワ、たるみといった肌のお悩みを作り出します。
これを防ぐには、失っていく潤いを補うのが一番です。肌の乾燥は冬だけ?そう思われていたら日々のお手入れに保湿が不足しているかもしれません。

 

保湿効果の高い化粧品に変えてみたり、表情筋を鍛えるトレーニングも効果的です。

 

エクササイズ

 

また、美容整形ではボトックス注射を行う事で、表情筋のバランスを調整してシワを伸ばす方法も行われていますが、まずは、毎日のエクササイズやお手入れで更に深くしわが刻まれてしまわない様にすることも大切です。

 

トップページでは、潤い不足を補う優れた保湿力で肌をケアする化粧品を紹介しています。

 

 

トップページへ戻る