シワを消すならコラーゲンとプラセンタどちらが効果的?

20代、30代、40代と年齢を重ねていくにつれて、肌は老化が進みます。30代半ばを過ぎたころからが一番変化を感じやすいかもしれません。

 

そのため20代と40代で使用する化粧品が同じ場合は、40代になると潤う力が物足りないかもしれません。

 

エイジングケア用の化粧品ラインがあるのは20代と30〜40代以降の肌とで化粧品に求めている働きに差があるからなんですね。

 

40代になれば、誰でも肌の老化が進行していくため今まで使用していた化粧品の保湿力では物足りなくなってくる方が殆どです。

 

そこで、美容液をプラスして保湿力を高めたりエイジングケアとして美容液成分がたっぷり配合されている基礎化粧品をつかってみたり、食生活に気を付ける様になったりと様々です。

 

でも肌の老化は、体の内側で起きている変化なので体の内側のケアをしてみると案外早く肌の悩みが解消される場合もあります

 

体の内側からケアをする場合は、不足してきた潤い成分を補ってあげましょう。

 

潤い成分を補うならどんな成分がいいのでしょうか?

 

シワを消すならコラーゲン?それともプラセンタ?

老化によって減少していく潤い成分は、コラーゲンと肌に張りをもたらしているエラスチンです。

 

コラーゲンが豊富な食材を食べた翌朝は肌が潤っていた経験はありませんか?

 

私たちの体内でも作られているコラーゲンですが、コラーゲンを作り出すために必要なアミノ酸が不足してくるとコラーゲンの生成量が減ってきてしまうのです。

 

30代〜40代くらいまでは、コラーゲンを補給してあげると肌は潤いを蓄えるようになり肌のバリア機能やターンオーバーが正常に行われるようになります。

 

プラセンタは、細胞を作り出す働きがある美容成分として40代以降のエイジング世代に人気の成分です。

 

プラセンタサプリについてはこちらでご紹介中です