肌を老化させる原因のひとつ「糖化」でシワが増えるその予防法とは?

年齢を重ねれば誰にでも起こる可能性があるお肌の老化ですが、最近テレビで取り上げられるようになった「糖化」という現象がお肌の老化に大きな影響を与えているんだそうです。糖化の原因やなぜ老化につながるのか?などについて調べてみました。

 

糖化,シワ消したい

 

肌の老化と糖化の関係

30代を過ぎれば少しづつ老化が始まると言われていますが、私が肌の変化を見た目で実感するようになったのは30代後半頃からでした。まず頬にシミが出来てしばらくしてシワが出来てしまい今ではたるみやほうれい線が悩みの種に・・・。

 

学んだのは肌悩みは放置しても若い頃の様に消えてくれないという事でした。例えば20代ならニキビ跡が出来ても1ヶ月もすれば気にならなくなっていましたが、今ではお手入れしてもなかなか消えてくれません。

 

それだけ肌年齢が年々変化しているということだと思います。最近話題になっている「糖化」というのは簡単に言うと、タンパク質と糖が結びついて出来る現象のことなんだとか。

 

糖化とはどんなもの?

最終糖化生成物(AGEs)と言われ、食べ物にもAGEsを多く含む食品やそうでもない食品があるそうです。糖質と言われる白米は焦げると茶色くなりおこげと言われ好まれますが、実はあれが糖化なんだそうです。

 

なので糖質の多い食事になりがちな場合は、体内で糖化が起こりやすくなるので普段からなるべく糖質の少ないものを食べるように食生活から変えていくと糖化の予防につながると言われています。

 

実は糖化が起こると肌の表皮が厚くなり固くなるため、シワが出来やすい状態になってしまうそうです。また糖化の恐ろしいところはコラーゲンとエラスチンの働きを弱らせてしまうため、肌のハリや弾力も保ちにくくさせてしまうことなんだそうです。

 

糖化を予防する方法

毎日の食生活を振り返ってみて、

  • 甘いものを好んで飲んだり食べたりしている
  • 揚げ物が好き
  • パンやご飯、麺類などの食事が多い
  • 加工品が多い
  • 運動不足

 

これらに心当たりがある場合は、30代後半を過ぎたら糖化の可能性があるそうです。

 

糖化,シワ消したい

 

糖化の予防

糖化が起こるのは体内でタンパク質と糖が結びつくからで、血糖値が高い状態が続くと糖化が起こりやすいそうです。また食べ物からの影響も大きいため、糖質の多い食品を極力摂らないようにすると糖化予防につながるそうです。

 

肌にハリをもたらすコラーゲンはたんぱく質から出来ているため、糖化によってコラーゲンが糖化してしまうと、ハリが無くなりシワやたるみの原因になってしまうんだそうです。

 

食後1時間は血糖値が上昇しやすいため、エネルギーとして使われるように運動を取り入れるのも良いそうです。

 

シワを改善する医薬品についてはこちらから