上まぶたが重い?たるみの原因と予防法で若返る目元

上まぶたのたるみが出始めるのは30代を過ぎてからですが、アイメイクが以前の様に陰影が付きにくくなったり、アイメイク映えしなくなってきたらたるみ始めているサインです。

 

私は、くっきり二重が自慢でしたがいつの間にか奥二重になっていました。目が小さく見えること疲れて見えること老けて見える事が悩みでした。

 

まぶた,たるみ,シワ

 

そこで、評判の高いアイクリームを使用してみたり、シワ取りテープを使ってみましたがその場しのぎでハリが持続しませんでした。

 

まぶたのたるみのせいで、顔の印象が変わってしまうためシワを消したいと思い再び解消法や予防法を探し始めました。

 

たるみを防止するには、目の周りの筋肉を鍛える他に張りを取り戻すための成分が配合されたアイクリームやスキンケアを使用してみましょう。

 

今お使いの化粧品にアイクリームだけを追加して優しくマッサージしながらたるみを解消していく方法と、スキンケア全体をハリを取り戻せるエイジングケア化粧品へ変えていく方法もあります。

 

実際に口コミや評価が高く、今話題の美魔女たちも使用しているエイジングケア化粧品はトップページでご覧いただけます。

 

 

元美容外科の看護師おすすめの化粧品

 

 

また、上まぶたのたるみの原因は、ほとんどが加齢によるもののため美容整形を利用する方法もあります。切開法や埋没法などクリニックによって方法があり金額は10万円以上からとなります。

 

美容整形の場合、術前と術後のまぶたがあまりにも違いすぎて別人の様な印象になりますが、痛みや副作用は少ないようです。

 

上まぶたの筋肉が衰えてしまうと、皮膚がたるみ二重が一重になることもありパッチリ二重に戻すには日々のお手入れを正しく行う事が大切です。

 

 

目の周りは皮膚が薄く、刺激を与えすぎると色素沈着を起こしたり、シミやしわの原因になります。改善するためには、美容整形以外であれば、眼瞼挙筋を鍛えるトレーニングとアイクリームなどを使用した毎日のお手入れが大切です。